[感想]ワイルド・ソウル 上・下/垣根涼介

4344407660

ワイルド・ソウル〈上〉
ワイルド・ソウル〈下〉
垣根 涼介 著/幻冬舎文庫
お薦め度:★★★☆☆

一九六一年、衛藤一家は希望を胸にアマゾンへ渡った。しかし、彼らがその大地に降り立った時、夢にまで見た楽園はどこにもなかった。戦後最大級の愚政“棄民政策”。その四十数年後、三人の男が東京にいた。衛藤の息子ケイ、松尾、山本―彼らの周到な計画は、テレビ局記者の貴子をも巻き込み、歴史の闇に葬られた過去の扉をこじ開けようとする。(文庫裏表紙より)


すんなり感情移入できたなら、もっと感動できたのかも

大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞の3賞受賞ということで、その華々しい経歴に吸い寄せられるようにして思わず手にした本作です。

物語前半で語られるブラジル移民の過酷な運命。かつてブラジルへと移民した日本人が多くいたことは知っていましたが、その後のことを全くと言っていいほどに知らなかった自分に気づき、軽いショックを受けました。

もちろんフィクションではあるのですが、その大半は事実とそう相違はないだろうことを思うと、葬りさられようとしている歴史の一端を垣間見ることができただけでも、本作は収穫であったと言えます。

が。

作品そのものに関しては、上手く感情移入することができませんでした。

復讐劇が始まる後半部分からは、舞台が現代の日本にうつり、圧倒的なスピード感で物語が展開していくのですが、なぜかそこで退屈して来てしまったのです。

日系2世のブラジル人気質の「ケイ」を主役に据えたことによって、重くなりがちな復讐劇に軽快な味付けがほどこされているのですが、その味付けがどうも上手くマッチしていない。

スピード感はあるのに、緊迫感がさっぱり伝わって来ません。

警察の懸命の捜査、マスコミの報道合戦、逃亡をはかろうとする主人公たち……。このあたりは、最高の盛り上がりを見せるべきシーンだと思うのですが、どこか予定調和的で、安心して読み進められる反面、ドキドキ感は全くといっていいほどありませんでした。

世間的には、とても評価の高い作品なので、私が物語に入り損なってしまっただけなのかもしれませんが。

気になる方は、ぜひご自分で読んで、確かめてみられることをお薦めしますです。