[感想]チェインギャングは忘れない

4062173727

チェインギャングは忘れない
横関 大 著/講談社
お薦め度:★★★★★

護送車が襲撃され、五人の男が脱走した。脱走した男の一人である大貫修二は、記憶を失い停車中のトラックの前で眠っているところを、ドライバーの早苗に蹴り起こされた。その頃、数日後に迫った連続殺人鬼「サンタクロース」対策配備の準備をしていた池袋署の神崎と黒木は、大貫が脱走したという知らせを聞き、秘密裏に捜査をはじめる。軽快なテンポに乗せて鮮やかに展開される横関ミステリー、驚愕必至の最新刊。(「BOOK」データベースより)


読後の爽快感は保証します。

横関大さんの前作「グッバイ・ヒーロー」を読んだ時、こんな感想を書きました。

『何かがどこかで、キュッとくっついてパッと離れてちょっとした化学反応を起こしてくれたなら、とても素敵な作品になりそうな、そんな予感を覚えるのですが……略……。』
(詳しくはここ

やってくれましたよ、横関さん!

何かもやもや感の残る前作にくらべ、今作「チェインギャングは忘れない」では、驚くほどすんなりと登場人物たちに感情移入することができました。

トラックドライバーをしながら女手ひとつで子育てをする早苗さんは芯のしっかりとした自立した女性。脱走犯であるはずの大貫修二は遊び心あり、人情あり、さらにはよく気のきく素敵な男性。早苗さんが直感的に修二を信じてしまうのもわかるな、と思わせるほどのいい男です。

そして何より早苗さんの息子、小学4年生の航平くん。4年生にしては、あまりにもしっかり者に描かれすぎていますが、そんなことさえ気にならなくなって来るほど気転のきく頭のいい男の子。

この3人を中心に物語は進むのですが、作品の中に交互に刑事視点の描写が差し挟まれることによって、俄然、緊迫感がまして行きます。

 

前作と同じく、ご都合主義満載の展開ではあるのですが、それだけに物語が変なところで寄り道をすることもなく、ただただ先が気になって、ラストまでは一気読みです。

今まで伏線とも思わずに読んで来たあれや、これや、それが最後でゆるくつながって、ぱっと目の前が明るくなったかのような感覚。

もうその爽快感たるや!

 

作品の出来とか、構成とか、難しいことを言うならば、★3.5くらいの出来なのかもしれませんが、個人的好みで言うならば、この作品は私の好みのど真ん中。もっと言うなら、横関大さんの作風そのものがどんぴしゃり。

今後も横関さんからは目が離せません。

爽快な読後感が好きな方にはおすすめの作品です♪