[感想]ビブリア古書堂の事件手帖/三上延

4048704699

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち
三上 延 著/メディアワークス文庫
お薦め度:★★★★☆

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。(文庫裏表紙より)


本好きにはたまらない、本にまつわる日常のミステリー

本をこよなく愛する古書店店主の篠川栞子と、幼い頃のとある出来事がきっかけで、本を読みたいのに本を読むことが出来なくなってしまった「俺」とが、古本を通して日常のミステリを解き明かして行きます。

決して、大作であるとか、傑作であるとか、はっと息を呑むような美文であるとか、そういことはないのですが、物語全体に漂うほっこりとした優しさが、栞子さんの性格とあいまって、とても素敵な作品に仕上がっています。

ラノベ的なわかりやすい物語の流れは、賛否両論あるところかもしれませんが、私はこういったストーリーは大好きです。何よりも、読んでいて優しい気持ちになれます。

近頃では、本の表紙を撫でることなく通販で購入してしまうことが多くなりましたが、この本を読んでいると、もう一度本のそのものを慈しんでみたいような気にすらなりました。

電子書籍大賛成派の自分ではありますが、そういった利便性とは別の部分で、ひっそりと息づき続ける本も必要なのかもしれないな、とも。

短編集なので、やや物足りないかもと心配しましたが、連作短編集の形になっていて、ラストの短編で作品全体がびしっと締まる構成になっています。

本好きのすべての方に、お薦めです。