[感想]開かせていただき光栄です/皆川博子

4152092270

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
皆川 博子 著/早川書房
お薦め度:★★★★☆

18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室から、あるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男性。増える屍体に戸惑うダニエルと弟子たちに、治安判事は捜査協力を要請する。だが背後には、詩人志望の少年の辿った稀覯本をめぐる恐るべき運命が…解剖学が先端科学であると同時に偏見にも晒された時代。そんな時代の落とし子たちがときに可笑しくも哀しい不可能犯罪に挑む。(「BOOK」データベースより)


冒頭のグロさでめげないように

解剖教室を舞台に物語が進行するのだから、ある程度は覚悟をしていなければいけなかったのでしょうが、いやあ、冒頭から続出するグロい表現にはまいりました。

気にならない人には気にならない程度なのかもしれませんが、私はどうしてもダメで、もしもこういった描写が延々と続くのなら、もう読むのはやめようかと思ったほどでした。

が、幸いにも、解剖教室から2つの屍体が発見されて以降は、犯人捜しに焦点がうつったため、解剖シーンもほとんどなくなり、物語そものもに意識を集中できるように。

そして、集中して初めて気づいたのが、この作品の文章の表現や構造の見事さ。まったくといっていいほど無駄を感じることがなく、するすると物語は流れていきます。それでいて上滑りするような安っぽさはなく、むしろどっしりとした安定感があります。

皆川博子さんは超ベテラン作家さんなので、文章やその構造がどうのこうの言うのはいささか失礼な気もするのですが、私にとっては初皆川作品だったので、本当に素直にそう思ったのです。

18世紀ロンドンの退廃的な世の中をたくみに泳ぎ回る悪人たちと、増える屍体の真相を追い求めるダニエル先生とその弟子達、そして盲目の治安判事サー・ジョン。

ともすれば暗い話になりがちなところを、弟子たちの陽気さがストーリーの流れにあかりをともし、治安判事の、この時代としては珍しい公明正大な捜査方針が、読み手に安心感と爽快感を与えてくれます。

そして何といっても極めつけは弟子たちの合作である「解剖ソング」。

読んでもらえればわかりますが、この歌があるとないとでは、読後感がずいぶんと違ったものになったと思います。こうしたちょっとした小道具をたくみに操るあたりもまた、皆川さんの作品が素晴らしいと思う所以です。

というわけで、これからこの作品を読んでみようかなと思われる方は、どうか冒頭のグロテスクさに打ち負かされることなく、その先へ進んで下さい。

最初さえ乗り越えてしまえばもう、あとは素晴らしい物語世界が待っています。