[感想]化合/今野敏

4062169827

化合
今野 敏 著/講談社
お薦め度:★★★☆☆

板橋区内の公園でイベントサークル主宰者が刺殺された。乱れた男女関係、バブル期の借金を取り立てる金融屋、男が執着して通った六本木のキャバクラ嬢…。スピード解決を目指すエリート検事は容疑者を固めた。検事主導の捜査本部に、若き警視庁捜査一課刑事は抗えるのか。時は1990年、科学捜査の夜明けを迎えようとしていた。(「BOOK」データベースより)


今より科学が未発達だった1990年代が舞台

殺人事件の捜査本部の指揮権をにぎり、スピード解決を目指す検事と、えん罪を懸念し地道な捜査を続ける刑事たち。

今野さんのいつもの読ませる文章ではあるのですが、前半部分は正直たいくつでした。物語にもスピードがなく、どんよりとした雰囲気の中でおっとりと捜査を続けるベテラン刑事。

そのベテラン刑事の情熱のなさに苛立ちを感じる若き刑事の菊川。彼が今に何事かを起こすのだろうかと、それだけを心のよりどころにして、堪え忍んだ前半部分。

ところがところが。

後半で物語は一気に加速します。その速さといったら、路線バスから新幹線に乗り換えたくらいのスピード感の違いです。

けれど、新しい事実が次々と明らかになっていく様は爽快でもあるのですが、ややご都合主義にすぎる面があったのは否めないところです。

検事がスピード解決にこだわる理由というのも、かなり弱いのではと感じました。

読み終えて、感想を書くためにこうして後からあれやこれやを考えると、指摘したいところがいくつも思いついてしまうのですが、実は読んでいる最中にはこれらのことはさほど気になりませんでした。

物語のスピードにひきづられて、多くを考える余裕がなかったのです。

一気読みという点では間違いなく合格点の作品です。読み終えた後「また、今野さんにしてやられた」とそんなことをふと思いました。