[感想]魍魎の匣/京極夏彦

 魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)

魍魎の匣
京極夏彦/角川文庫 お薦め度:★★★★☆

箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物――箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物(つきもの)は落とせるのか!?日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。(文庫裏表紙より)


直木賞受賞をきっかけに読んだ巷説百物語(注:受賞作ではありません。)が抜群に面白かったので、勢いにのって読み始めた本作。

京極堂の登場するこのシリーズは、ずいぶんと前に第1作目にあたる姑獲鳥(うぶめ)の夏を読み、でもって「うぎょぎょ(~_~;))となった経験あり。もう京極夏彦の作品は2度と読むものか!と思っていたのだけれども、まぁ、人間、時がたてば嫌なことも忘れるもので。

そんなわけで、手にした「魍魎のハコ」だけれども、やっぱり最大の特徴はその長さ。本屋の棚に並んでいるその時から、堂々たる存在感を示している。

こんな分厚い本、読めるかなぁ。

正直、一抹の不安もあった。
けれど、読み始めてみれば何のことはない。物語の長さなど全く感じることなく、次から次へとページを繰ってしまう。これだけの長さでありながら、ストーリーが中だるみをしていないというのがすごい。

妖怪シリーズと言われてはいるようだけれども、中身は純然とした推理小説。

推理小説の中には、読み手に対してすべてのヒントが与えられていなくて、結末を知ったときに不満を覚えるものも数多くあるけれど、この作品は、たぶん、おそらく、すべてのヒントが読者に対して開示されている。

が。
読者が全くもって解決の糸口を見出せないのは、 そのあまりにも奇抜な結末ゆえ。

ひとつひとつ、絡まった糸を解きほぐすかのように語られていく事件の真相は、なるほど確かにそういうこともある……かもしれないなぁ……とは思わされるものの、普通の感覚では到底たちうちできない内容なのだ。

はっきり言ってしまえば、かなり気持ち悪かったりもする(~_~;)

それでも、今まで積み上げられてきた状況から推理すれば、なるほどこうなるしかないかもなぁ、と変に納得させられてしまうあたりが、京極夏彦のすごさなのかもしれない。