[感想]果断 ―隠蔽捜査 2/今野敏

4101321566

果断―隠蔽捜査〈2〉
今野 敏 著/
お薦め度:★★★☆☆

長男の不祥事により所轄へ左遷された竜崎伸也警視長は、着任早々、立てこもり事件に直面する。容疑者は拳銃を所持。事態の打開策をめぐり、現場に派遣されたSITとSATが対立する。異例ながら、彼は自ら指揮を執った。そして、この事案は解決したはずだったが―。警視庁第二方面大森署署長・竜崎の新たな闘いが始まる。山本周五郎賞・日本推理作家協会賞に輝く、本格警察小説。(文庫裏表紙より)


個人的には前作「隠蔽捜査」のほうが好き

吉川英治文学新人賞を受賞した「隠蔽捜査」(→感想はここ)が面白かったので、そのまま勢いにのって読み始めた本書「果断」。

こちらも山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を受賞するという素晴らしく評判の良い作品なのですが、でもってAmazon.co.jpの評価でも、前作よりも今作をおす声のほうが断然高いのですが、私自身は「隠蔽捜査」のほうが面白かったと、そう思っています。

前作「隠蔽捜査」では、主人公竜崎のその徹底した原理原則主義に、ある種の感動すら覚えたのですが、今作「果断」では、竜崎のキャラクターがややステレオタイプになっていて、どの言動をとってもみても作者の今野さんが狙って書いているかのような気がしてしまい、竜崎その人にうまく感情移入をすることができませんでした。

すべてが予定調和とでも言うのでしょうか。ストーリー自体にはひねりがあったのですが、竜崎のキャラが好きで読んでいた私としては、肩すかしをくったような形になってしまいました。

竜崎の幼なじみである伊丹にしても同じことで、なんだかやけに器の小さな男になってしまった印象です。

もっとも、それだけ竜崎と伊丹というキャラがシリーズ作品の中に定着したのだと思えば、これはこれでありと言えなくもないのでしょうが。

続く三作目「疑心」では、竜崎が女性キャリア官僚に恋心を抱いてしまうそうで、私が(勝手に)思い描く竜崎像からはさらに離れていってしまいそうな予感がプンプンなのですが、さてどうしましょう。

次作も読もうか、読むまいか……。迷。