[感想]地下鉄(メトロ)に乗って/浅田次郎

 地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫)

地下鉄(メトロ)に乗って
浅田次郎著/講談社文庫 お薦め度:★★★☆☆

永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは三十年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された”過去”に行ったため…。思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド。吉川英治文学新人賞に輝く名作。(文庫裏表紙より)


初挑戦の浅田作品!

「天国までの百マイル」や「鉄道屋」がものすご?く泣ける話だとウワサには聞いていたので、ひょっとしたら??という思いはあったものの「なるほどこう来るのね」と読み終えた今、初めて浅田作品の仕掛けを垣間見たような、そんな気分になっている。

タイムトリップ……ものだよね、一応。本人の意思にあまり関係なく、現在と過去とを行ったり来たりする主人公がそこで目にするのは、若かりし頃の父親の姿。ワンマンで他人のことなど全く省みない薄情な人間、金の亡者……、ずっとそう信じてきた父親が、けれども実は思いやりがあって、苦労に苦労を重ねて今の地位を築き上げたと知ったとき、主人公の中で、何かが壊れて行こうとする。

あれやこれやがあって、あんな風になって、こんなことが起こって……(←ラストにひねりがあるんで、詳しく書けない (^_^;))、そんなストーリーを読んでいると、そういえば自分の親たちにもかつては子供で、苦労したり、悩んだりした時代もあったんだろうな?、としみじみと考え込んでしまう。

物心ついた時に、親ってのはすでに立派な大人でいるものだから、こういう単純な事実をともすると見過ごしてしまう。

ふと気づけば、家庭を持ち、子供がいて、世間のしがらみが増え、親は歳を取っている……。そんな年代の人がこの作品を読んだなら、間違いなく泣ける。電車の中で読んだ日にはもう、大変なことになってしまう。ここまで読者を泣かせるなんて、それはないよなぁ、なんて泣き虫の私など思ってしまったくらいだ。

だったら素晴らしく感動できたのかというと、う?ん、その辺は微妙だ。よし、頑張ろう!という気持ちになれたことは間違いない。10年後、20年後、30年後……に万が一子供がタイムトリップをして「今」の私の姿を見たときに「なぁ?んだ、お母さんって毎日ぐうたらしてただけなんだ」なんて思われたらたまらないな、なんてこともちらりと考えた(笑)

けれど、この物語はいったい何を訴えたかったのだろうと、はてさて??となってしまう。父・母・こども・妻、そういうちょっと刺激されるとたちまち涙してしまうような感傷的な部分を取っ払うと、結局何も残っていないような感じもなきにしもあらずなのだ。ただただ感傷に突っ走り、泣いて、泣いて、涙して──あぁ、面白かった、ということで満足できるのならば「地下鉄に乗って」はかなりのお薦め作品ではあることは間違いないのだけれども。

ちなみに。
この作品を読んでみて、物語を流れる全体のトーンが、ディケンズのクリスマス・キャロル(……というか、私的には、クリスマス・キャロルを下敷きにした映画「三人のゴースト」)によく似ていると思う人、かなり多いんじゃないかと思う。