[感想]隠蔽捜査/今野敏

4101321531

隠蔽捜査
今野 敏 著/新潮文庫
お薦め度:★★★★☆

竜崎伸也は、警察官僚である。現在は警察庁長官官房でマスコミ対策を担っている。その朴念仁ぶりに、周囲は“変人”という称号を与えた。だが彼はこう考えていた。エリートは、国家を守るため、身を捧げるべきだ。私はそれに従って生きているにすぎない、と。組織を揺るがす連続殺人事件に、竜崎は真正面から対決してゆく。警察小説の歴史を変えた、吉川英治文学新人賞受賞作。(文庫裏表紙より)


エリート官僚たちの警察小説

前に読んだ「ヘッドライン」(⇒感想ここ)がなかなか面白かったので、同じ作者による吉川英治新人賞受賞作「隠蔽捜査」をチョイス。

主人公である竜崎は、東大以外は価値がないと考えるような鼻持ちならないエリート警察官僚。

「規律と秩序を重んじ」「組織のためには個人の思惑を犠牲にせざるを得ないこともある」と考えるような、融通の利かない嫌なヤツ……。

う~ん、こんな人が主人公の小説を楽しく読むことができるのか? と当然思いましたです。

が、そんな心配も最初のうちだけ。読み進めるうちに、やがて今野敏さんの人物描写のうまさに舌を巻くことになりました。

なんといっても、どこからどう見ても嫌なはずだった竜崎が、いつの間にか、一本スジの通ったいい人に見えて来るのですから。

また、警察小説というとどうしても硬派な物語のイメージがあるのですが、この隠蔽捜査は竜崎の家庭内での問題がサブストーリーとして進行しているので、激務の父親を抱える家族小説としての一面も持ち合わせています。

竜崎のキャリア官僚としての判断、そして父親としての決断。そのどちらにもぶれがなくて、読んでいてすがすがしさを覚えます。

ラストもこれまた癖になる爽快感。広報の谷岡さんのいい人ぶりも印象的。

続編の「果断」も入手済みなので、近いうちに読まなくては。

最近のぶれぶれの政治にうんざりしている人は、ぜひともこの「隠蔽捜査」で、ほんのつかの間、溜飲を下げてみてはいかがでしょうか。