[感想]風の万里 黎明の空―十二国記/小野不由美

 風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (講談社文庫)

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記
小野不由美著/講談社文庫 お薦め度:★★★★☆

天命により慶の国、景王となった陽子は民の実情を知るために街へ出た。目前で両親を殺され芳国公主の座を奪われた祥瓊は、父王の非道を知り自らを恥じていた。蓬莱から才国に流されてきた鈴は華軒に轢き殺された友・清秀の仇討を誓った。それぞれの苦難を抱いて三少女はやがて運命の邂逅の時を迎える―。(文庫裏表紙より)


基本的に、物語の視点がめまぐるしく変わる話は苦手だ。誰に感情移入をしたら良いのかわからないままに、自分だけが物語からおいてけぼりを食ったような、そんな感覚にとらわれることが多いからだ。

で、この作品。 陽子、祥瓊、鈴の三人の少女の視点から、物語が語られて行く。

う?ん、ちょっとまずいかも……、最初のうちこそそう思ったものの、読み終えてみれば何のことはない。三人の少女たちの思いがきっちりとひとつにまとまって、物語をきれいに収束させていた。読んでいて、こちらが混乱させられることもなく、このあたりの描きわけ方は、うまいとしかいいようがない。

今までの十二国記シリーズ同様、緊迫のストーリー展開と、読み終えたときの爽快感は健在。間違いなく「あぁ、面白かった」と思えるはずだ。ただし、あれほどまでに自己中心的だった祥瓊と鈴のふたりが、こんなにもあっさりと改心できるものなんだろうか、という疑問は残った。ちょっと出来すぎの感があるのだ。そんなこんなで、★ひとつマイナス(^_^;)

 風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (講談社文庫)

ところで。
シリーズも今回で4作目。十二国記で描かれている世界観にもすっかり慣れてきた。慣れてきてはじめて気づいたのだけれども、どうやら私は天啓にしたがって王を選ぶという「麒麟」が好きらしい。主人である王に忠節を近い、金色の美しい髪をなびかせ、いざという時には心底頼りになる。こんなにも素敵なパートナーが、私にもいたらなぁ、とついつい思わずにはいられない。はぁ?、うっとり(笑)