[感想]ヘッドライン/今野敏

4087714047

ヘッドライン
今野 敏 著/集英社
お薦め度:★★★☆☆

TBNテレビの人気報道番組『ニュースイレブン』の遊軍記者・布施。警視庁捜査一課・継続捜査担当のベテラン刑事・黒田。偶然にも二人が追い始めた未解決の女子学生猟奇殺人事件、背後には都会にうごめく巨大な闇が…。最新長編ミステリー。(「BOOK」データベースより)


布施ちゃんの魅力。これにつきる作品。

六本木で若い女性が失踪するとの話をきいて、1年前の女子学生猟奇殺人事件に関心を持ち始めた記者の布施。

1年前の事件の洗い直しということで、物語そのものは淡々と流れていきます。

追い詰められるような緊張感とか、犯人が忍び寄って来るかのような危機感とか、そういったものとは一切縁がありません。

猟奇殺人の犯人を捜すという一応のゴールはあるのですが、犯人がわかったからといって、推理小説にあるようなカタルシスや、やられたっ!といった悔しさを感じることもありません。

だったらつまらないのかといえば、これがまったく逆でして。

警視庁の黒田と、ニュース番組のデスク鳩村の視点から語られる布施ちゃんがとにかく魅力的なのです。

常に自然体で、関わる人々に好意をもって迎え入れられ、決して野心家ではなく、ちゃらんぽらに見えるくせに、用心深さと周到な準備を忘れない。

出来るのに、出来ることをひけらかさない。外に見せようとしない。

はぁ、これほど魅力的な人がおりましょうか。(私の頭の中では嵐の大野智と変換されました(笑))

というわけで。

推理小説としてみればかなり弱いのですが、布施ちゃんがあまりに魅力的なゆえに、もう事件なんてどうでもいいのよね的な読後感になるという、何とも不思議な作品でありました。

これにストーリー性が加われば、間違いなく面白い作品になると思うのですが。次回作に期待!