[感想]ウェブはバカと暇人のもの/中川淳一郎

4334035027

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書) (新書)
中川淳一郎 著/光文社新書/お薦め度:★★★★☆

著者はニュースサイトの編集者をやっている関係で、ネット漬けの日々を送っているが、とにかくネットが気持ち悪い。そこで他人を「死ね」「ゴミ」「クズ」と罵倒しまくる人も気持ち悪いし、「通報しますた」と揚げ足取りばかりする人も気持ち悪いし、アイドルの他愛もないブログが「絶賛キャーキャーコメント」で埋まるのも気持ち悪いし、ミクシィの「今日のランチはカルボナーラ」みたいなどうでもいい書き込みも気持ち悪い。うんざりだ。―本書では、「頭の良い人」ではなく、「普通の人」「バカ」がインターネットをどう利用しているのか?リアルな現実を、現場の視点から描写する。(C)「BOOK」データベース


「バカと暇人」ときいて、ひょっとして私のこと?(笑)と思って手にした1冊。

ネットにかかわる時間が長い私のような人間が、けちょんけちょんにけなされているのかな、と思ったのだが、いざ読み始めてみると内容は想像以上に濃かった。

ひとことで言うならば、ネットに過度の期待を持つのはもうやめにしようよ、という内容である。

暇人と思われる人が「祭り」を求め、ブログやニュースサイトのコメント欄には、言いがかりとしかいいようなのない書き込みがあふれる。

マーケティング担当者は、自社製品の口コミが広がることをネットに期待するが、そもそもネットというのはテレビ以上の影響力はもたないし、いわゆるB級の話題が好まれる世界である。ブランディングなんてもってのほか……などなど。

ニュースサイトの編集長という立場から、今まで見てきた事例を引き合いに出して、全能とも思われているネット界の幻想を次々と打ち砕いて行く。

その様が実に小気味良い。

はっきりとは自覚しないまでも、おぼろげに感じていた「ネットってそんなにすごいのかな?」というぼんやりとした疑問が、くっきりはっきりと目の前に突きつけられて行く爽快感。

ネットの世界に長居していない人には、今ひとつピンと来ないのかもしれないけれど、自分でブログを書き、少なからずともアクセス数の増加に腐心したことのある人には、絶対にお薦めの1冊。