[感想]鳥類学者 無謀にも恐竜を語る/川上和人

041801

恐竜にまつわる夢とファンタジー満載の楽しいノンフィクション

子供の頃に夢中になって眺め続けた恐竜図鑑。その頃のワクワクを大人の今になってもう一度思い出させてくれるのが本書「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」である……と言っても、きっと言い過ぎにはならないだろう。


本書は、

『鳥類と恐竜の緊密な類縁関係を拠り所とし、鳥類の進化を再解釈することと、恐竜の生態を復元すること』

というのが主題らしい。いや、読んでみたら確かにそうだった……ような気もする。けれど、著者の軽妙な語り口からは、専門書にありがちな堅苦しさはまったくなく、ユーモアに溢れた文章が次から次へとくり出されている。

また鳥類は恐竜であるという昨今主流の考えから、鳥類学者が恐竜について語ることはあながち見当外れではないと思うのだけれども、それでも著者は「恐竜学に精通していないと胸を張って公言」し、だからこそ、こうであったらいいのになの期待も込めて、恐竜について語っている。

その期待が、夢にあふれていて実に心が躍る。

特に、白鳥やカモメ、さらにはアホウドリなどの白い鳥がいるのだから、真っ白な恐竜がいたとしたって、何ら不思議ではないという意見には、目から鱗が落ちる思いだった。

今でこそ、図鑑の恐竜はカラフルになり、羽毛恐竜なんていう羽根まではえた恐竜が何の違和感もなく描かれる時代になったけれども、自分が子供の頃の恐竜はそのほとんどが褐色の地味な姿をしていた。それらを元にして頭の中で思い描くイメージは、巨大なは虫類以外のなにものでもなかった。

だから、白い恐竜なんて発想は、本書に出会わなければ到底たどり着けなかったし、たどり着いた今となっては、巨大な真っ白い恐竜がいたとしたら、どれだけ美しかったことだろう、とうっとりと夢想してしまう。

期待の話だけでなく、化石から得られた事実として次々と語られて行く内容は、昔の図鑑しか知らなかった自分にとっては衝撃だらけだ。

そもそも大昔の、それも化石を元にして想像するしかない恐竜の世界。その世界が「日進月歩」の世界だということ自体、知らなかった。

かつては鳥の祖先と言えば始祖鳥だったが、今ではその座を羽毛恐竜に明け渡していることからして初耳だった。というか、羽根のある恐竜って、そんなにたくさんいたの? さらに言うなら、足の後ろ側にまで翼を持った4枚羽根体勢って、それっていったいどういうことなのよ!?などと、ページをめくるたびに次から次へと疑問と驚きが襲って来る。

しかも、新しく仕入れた知識は、無性に誰かに披露したくなり、高校生になる子太郎にあれこれ語って聞かせたところ、現在我が家ではプチ恐竜ブームが訪れている。

好奇心旺盛なすべての人にお薦めできる、極上の知的エンターテイメント作品である。ぜひ一読を。