[感想]福家警部補の報告/大倉崇裕

031501

お薦め度:★★☆☆☆

淡々と進む倒叙形式の本格ミステリ

世間的には評価の高いらしい福家警部補シリーズ。けれど、自分とはどうも相性が悪いようで、あまり楽しむことができなかった。

「禁断の筋書」「少女の沈黙」「女神の微笑」の3編の中編からなる本書。古畑任三郎や刑事コロンボに代表されるような倒叙形式で話が展開される。

主人公である福家警部補は、どこからどうみても刑事に見えない小柄の女性。容疑者や関係者に会うたびに、秘書や事務員と間違えられ、そうではないのだと警察手帳を取りだそうとするのだが、粗忽ゆえにしまい場所を忘れてカバンの中や身の回りをがさごそし、ようやっといくつかの質問をした後には、必ずといっていいほど相手が「あんた変わった人だな」といったようなセリフをはく。

キャラ設定のための大切なお約束展開なのだろうが、ひとつの話の中に似たようなシーンが何回も何回も登場するものだから、読んでいるうちにだんだんと飽きてきてしまった。

この展開を楽しまなくては、と思いはするものの、どうしても楽しめないのだ。

福家警部補が、小さな事実の積み重ねで犯人を追い詰めていく様子も、どうにも淡々としすぎていて、こちらの集中力が続かない。読んでいる本の残りページを見ては、さすがに上下2段組だとなかなか進まないな、などといけないことを思ってしまう。

まあ、こういうこともあるわなと、パタンと本を閉じた次第。