[感想]古道具屋 皆塵堂/輪渡颯介

4062167433

古道具屋 皆塵堂
輪渡颯介 著/
お薦め度:★★★★☆

実家の道具屋を継ぐため、太一郎は曰くつきの品が集まる「皆塵堂」で修業することになった。だが幽霊なんて信じないとうそぶく太一郎の周りで、痩せ刀や美しい蒔絵櫛などにまつわる不思議な出来事が次々と巻き起こる。店主の伊平次や幼なじみの巳之助に助けられ、太一郎は思い出せない自らの過去を追うが―。商売道具は“憑き物”だらけ。幽霊なんか、大っきらいなのに!切なくて、ほんのりおかしい人情怪談騒動記。(「BOOK」データベースより)


続編が出たら、絶対に読みたい!

「人情怪談騒動記」ということで、最近読んだばかりの宮部みゆきさんの「ばんば憑き」(⇒感想はこちら)がどうしても頭の中にちらついてしまったのですが、たとえ似たような題材であったとしても、作者が違うと作品の趣はまったく異なるものなんだと、当たり前のことながら、今回改めて認識しました。

いわく付きの古道具にまつわるささやかな、そして時には大きな事件が持ち上がり、それらを主人公の太一郎や皆塵堂の店主 伊平次が解決をしていくという形をとった連作短編集なのですが、なんというか、そのひとつひとつの出来事が、案外とあっさりとしているのです。

普通に考えたら大変なはずのことであっても、暗さ、湿っぽさ、そして恨みすらもことさら強調されることなく、すべてがさらっと描かれ、するりと解決していくものですから、最初のうちはやや物足りなさを感じたほどです。

ですが、読み進めて行くうちに、登場人物たちのキャラクターが徐々に輪郭を帯びて来て、そのあっさりとした展開も、だからこそこの作品が楽しいのだと思うようになって来るのだから不思議です。

くすっと微笑むようなユーモアが所々にまじっているのですが、そのバランスもいい感じです。

そうしてラストの短編「猫屋敷に棲むもの」。この作品が本書全体をぴしっとまとめて、読み手にふんわりとした余韻を残します。

物語自体はこの1冊で一応の完結をみているのですが、太一郎や皆塵堂のその後が気になって、気になって。できることなら続編をぜひとも読んでみたいところです。