[感想]百器徒然袋 風/京極夏彦

022501

お薦め度:★★★★★

癖になりすぎて困ってしまう破天荒ストーリー

京極堂シリーズ本編のどこか陰鬱とした雰囲気も好きだけれども、サイドストーリーである百器徒然袋シリーズの破天荒さも癖になる。

榎木津はいつにも増して傍若無人だし、中善寺はいつもよりかなり愛想が良くなっているし、その他のいつもの面々も、変なことを変とも感じない壊れっぷりで、読んでいるだけで気分爽快。自分自身も榎木津と一緒に暴れまわっているような錯覚にすら陥ってしまう。


常識にとらわれない生きかたに……、決して真似できないからこそ、淡い憧れがある。いや、憧れを持っていたのだという事実に、この作品を読んで気づかされた。

我ながら鈍いな。これでは榎木津の「下僕」たちとかわらない。

本作には「五徳猫」「雲外鏡」「面霊気」の中編3編が収められている。お気に入りはラストの「面霊気」。

ストーリー自体は取り立てて凝ったものではないのだけれども、いや、それどこからハチャメチャぶりに磨きがかかっていて、脳天気にページを繰っていたのだけれども。

よもやあそこのあの場面で目頭が熱くなろうとは。

巧いなぁ、夏彦さん。

分厚い「百器徒然袋 風」の中の、わずか数ページでもって、完全に心を持っていかれてしまった。

ぞ、続編。

続編が読みたい。読みた過ぎる。なんとかして~と、叫びたいくらいの気持ちなのだけれども、百器徒然袋シリーズに3作目が出たという話なんて聞かないし。

一体もう、どうしたらいいのやら。とほほ。