[感想]放課後はミステリーとともに/東川篤哉

4408535842

放課後はミステリーとともに
東川篤哉 著/実業之日本社
お薦め度:★★☆☆☆

私立鯉ケ窪学園高等部副部長・霧ケ峰涼の周辺にはなぜか事件が多発する。校舎から消えた泥棒、クラスメ-トと毒入り珈琲一族との関わり、校外学習のUFO騒動―はたして解決できるのか…。(「BOOK」データベースより)


鯉ケ窪学園高校シリーズ番外編の短編集。うぅん、今ひとつか。

東川篤哉さんの作品は大好きで、その軽妙な語り口と本格的なトリックとの、相反するふたつの要素が絶妙なバランスで成り立っていることに毎度驚かされているわけですが。

鯉ケ窪学園高校を舞台に繰り広げられる本作「放課後はミステリーとともに」は、残念ながら、私の好みのタイプの作品ではありませんでした。

ユーモアと本格がバランスを保っているというよりも、よりユーモアに軸足を置いた作品となっているのですが、その肝心のユーモアにどうしても笑うことができなかったのです。

常にユーモアが上滑りをしているかのような印象で、ゆえに、どたばたと落ち着きのないライトノベル的な感じが濃厚となってしまい、その思いはついに最後の短編を読み終えてもなおぬぐい去ることが出来ませんでした。残念っ。

主人公も……、どうも好きじゃあないのよね。

長編からなる鯉ケ窪学園高校シリーズは、主人公が異なるようなので、機会があったらちょいとのぞいてみたいとは思っています。