[感想]マリアの骨/鳴海章

011301
4408505315

マリアの骨
鳴海 章 著/ジョイ・ノベルス
お薦め度:★★★★☆

機動捜査隊・浅草日本堤分駐所のベテラン辰見は相勤者の新米刑事小沼を残し、管轄外の火葬場にいた。殺害された少女の骨をその娘と拾っていたのだ。少なからぬ因縁を胸にしまい込んで、辰見は連続する娼婦殺しの犯人を追う!靴をすり減らし、目を血走らせて、ときには腐臭にまみれて死体に向き合い、正義を求め続ける刑事コンビの真実とは…。(裏表紙より)


思わぬ掘り出し物の警察小説

鳴海章……聞いたことがあるような、ないような。失礼ながら著者についてはその程度の知識しかありませんでした。また表紙からはいかにも硬質な警察小説の雰囲気がぷんぷんしていて、これまでの自分だったら、決して手にとることのない作品だったと思います。

ですが、時として人は本との思わぬ出会いを経験するものです。

私がこの本を目にしたのは図書館の新刊コーナーでした。まだ誰も手にしていないのではなかろうか?と思うほどのあまりにもまっさらな状態が、逆に目をひきました。

その時、思うような本と巡りあうことができず、かといって予約してある本はまだ当分やって来そうにない状態だった私は、とりあえず借りるだけ借りて、つまらなかったらそのまま返せばいいや、程度の軽い気持ちで本書を手にしたのです。

ところが、ところが、読み始めたら止まらなくなってしまいました。

男性視点から、おそらくは男性読者を意識して書かれたと思われる作品にもかかわらず、あっという間に作品世界に引き寄せられてしまったのです。

美文だとか、ページターナー的なストーリー展開だとか、そういうこととは別の部分で、とても読ませる文章なのです。

多くを語らない主人公の辰見は、それにもかかわらず行動の端々から優しさがにじんでいます。正義にかられる新米の小沼もいい味を出しています。休まず、眠らず事件解決のために働き続ける彼らを見ていたら、ふと「フロスト警部シリーズ」を思い出してしまったほどです。

ハードボイルドの雰囲気をたずさえている作品なので、かなり苦い結末を覚悟していましたが、待っていたのはじんわりと暖かいラストでした。

そんなこんなでかなり満足の作品だったのですが、事件が連続娼婦殺害事件だったためか、あるいはそもそも作者の鳴海さんの作品は皆そうなのか、かなりエロいシーンもありました。

女性が外出先で読むならば、ブックカバーをつけて読んだほうがいいかもしれません(笑)

通勤電車に揺られるサラリーマンの皆さんには、かなりお薦めの作品です。