[感想]日の名残り/カズオ・イシグロ

 日の名残り (ハヤカワepi文庫)

日の名残り
カズオ・イシグロ(土屋 政雄 訳)/ハヤカワepi文庫
お薦め度:★★★★☆

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々――過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。(文庫裏表紙より)[原書: The Remains of the Day


執事である主人公スティーブンスの一人語りで進められるこの物語は、当初退屈で退屈で仕方がなかった。まさしく品格を備えた執事のものと思わせるかのような、穏やかな口調を目で追っていると、あっという間に睡魔に襲われた。たったの1?2ページを読んだだけで、本を閉じてしまった日がどれほど続いたことだろう。けれど、どうにかこうにか最後までたどり着いた今、じんわりとした余韻に心を泳がせている。

解説の丸谷才一氏は「大英帝国の栄光が失せた今日のイギリスを諷刺している。」とか「現代イギリスへの衰えた倫理と風俗に対する洞察の力」とか、何やら高尚な言葉でこの物語を表しているが、イギリスの伝統も何も知らない私は、ひとりの年老いた男の人生回顧の物語として、この作品を捉えながら読んだ。

そうして、物語終盤の女中頭だったミス・ケントンとの再開シーン。
ここに来て、物語のトーンがほんのわずか変化して、新たな展開……というほどのものでもないが、スティーブンスのちょっとした心境の変化へと至る。けれども私はこのシーンを読んでも、ほとんど驚きはしなかった。執事の一人語りに付き合い続けて来た物語の中盤あたりから、おぼろにこのような展開を予想していた。いや、はっきりそれと意識できるほどはっきりとは予想してはいなかったけれども、心のどこかで薄々感じ続けて来たのだと思う。

途中から別々の道を歩んで来たスティーブンスとミス・ケントンの二人の姿を間近にして、自分自身の人生と照らし合わせた人はきっと多いのではないかと思う。そういう意味では、ある程度の年齢のいった人――振り返るべき人生を持ってはいるものの、まだほんのちょっとならやり直しのきく年代――が、この物語からより深い何かを感じ取ることができるのではないかと思う。

というわけで、予想外に良い作品だった(^^)また、土屋政雄の訳も秀逸。