[感想]図書館の神様/瀬尾まいこ

4480426264

図書館の神様
瀬尾 まいこ 著/ちくま文庫
お薦め度:★★☆☆☆

思い描いていた未来をあきらめて赴任した高校で、驚いたことに“私”は文芸部の顧問になった。…「垣内君って、どうして文芸部なの?」「文学が好きだからです」「まさか」!…清く正しくまっすぐな青春を送ってきた“私”には、思いがけないことばかり。不思議な出会いから、傷ついた心を回復していく再生の物語。ほかに、単行本未収録の短篇「雲行き」を収録。(文庫裏表紙より)


淡くて、ふわふわで、ほんわり

悪くはないのだけれども、読み終えた時に猛烈に何かが足りないような、そんな感覚にとらわれました。

登場人物たちは、みなどこか現実感に乏しくて、だったら幻想的な雰囲気を醸し出したした小説なのかと言えば、そんなこともなくって。

「爽やか」という言葉でこの作品を表現している人が多いようですが、私には「爽やか」というよりも「淡泊」もしくは「希薄」に思えて仕方ありませんでした。

唯一存在感を発揮していたのは、主人公清(きよ)が顧問となった文芸部の垣内君でしょうか。自意識過剰になりがちな高校時代、これほどまで淡々と自分の信じた道を突き進める少年がいるかどうかは微妙なところですが、それでもこんな少年がいたらいいなぁ、と思えるような魅力的なキャラでした。

あとは……、う~ん、どうでしょう。