[感想]ソロモンの偽証 第2部 決意/宮部みゆき

12102101
4103750103

ソロモンの偽証 第II部 決意
宮部 みゆき著/新潮社
2012-09-20
お薦め度:★★★★☆

期間はわずか15日。有志を集め証人を探せ! 14歳の夏をかけた決戦、カウントダウン! もう大人たちに任せておけない――。保身に身を窶す教師たちに見切りをつけ、一人の女子生徒が立ち上がった。校舎を覆う悪意の雲を拭い去り、隠された真実を暴くため、学校内裁判を開廷しよう! 教師による圧力に屈せず走り出す数名の有志たち。そして他校から名乗りを上げた弁護人の降臨。その手捌きに一同は戦慄した……。


最終巻へ向けての助走? やや中だるみの感じも

柏木卓也の死を巡って、同級生たちが立ち上がるまでを描いた第1部に引き続き、本作の第2部では、学校内裁判を行うための準備や調査状況を中心に物語が展開していきます。

検事となった藤野涼子と、弁護人となった他校生徒の神原和彦らが証拠集めを行っていく過程などが描かれているのですが、リアルタイムで事件が起きているわけではないので、やや緊迫感に欠けてしまったことは否定できません。

しかも700ページを越えるボリューム。

最後まで読みとおすことができたのは、やはり宮部みゆきさんの筆力と、最終巻への期待ゆえでしょう。

ただ、さすがの宮部みゆきさんと言えども、中学生たちがあまりに優秀に描かれ過ぎていて、ところどころにかなりの違和感を覚えました。

中学生……、さすがにあそこまで思慮深くはないでしょう。主人公の藤野涼子に至っては、優等生のとても素晴らしい生徒ではあるのですが、悪知恵が働きすぎて、一歩間違えれば大悪人の粋。

大人たちが、しかも警察の人間までもが、中学生相手にまるで本物の検事・弁護士に対峙するかのように、協力的なのもやや現実味にかけます。

ただし、中学生たちが学校側を説き伏せて学校内裁判を行うということからして、現実とは隔たったかなり無理ある設定なので、逆に考えれば、よくぞここまでまとめた、と思うべきところなのかもしれません。

ややご都合主義に流れてしまった第2部ではありましたが、それでも続く第3部が今から楽しみで楽しみで仕方ありません。