[感想]英雄はそこにいる/島田雅彦

4087714497

英雄はそこにいる
島田 雅彦 著/集英社
お薦め度:★★☆☆☆

シャーマン探偵ナルヒコは「特命捜査対策室」の穴見警部の依頼で迷宮入り事件の捜査に協力することになった。互いに無関係に見えた五つの事件には、信じ難い事実が隠されていたことが明らかになる。やがて一人の途轍もない「犯人」の姿が浮かび上がってきた。神がかり的な犯罪に翻弄されるなか、ナルヒコたちの前に「犯人」とは別の、真の「敵」が立ちはだかる―現代に甦るヘラクレス神話。ノンストップ・ミステリー長編小説。(「BOOK」データベースより)


何かの説明書を読まされているかのような、起伏のない文章

真っ赤な背景に「英雄はそこにいる」の堂々たる文字。あまりに直球勝負なその装丁に、作者のこの作品に対する自信のあらわれのようなものすら感じてしまい、手にした1冊です。

ですが、結論から言ってしまえばさっぱり面白くありませんでした。

純文学の作家さんが、エンタメ系の作品を書くと、こういう風な具合になりがちなのでしょうか。ストーリーそのものは、シャーマンが登場したり、悪の組織があったり、悪の組織と戦う英雄がいたりで、面白くなりそうな要素はてんこ盛りなのですが、いかんせん文章そのものに馴染めませんでした。

淡々と語られていくその文章は、まるで何かの説明書、もしくは長編小説のダイジェスト版を読んでいるかのようで、さっぱり感情移入ができず、読めばすぐに眠たくなってしまう有様。

途中なんどか読むのを止めようかと思ったのですが、世間ではなかなかの高評価を獲得しているようなので、最後まで読めば何かがあるのではないかと、わずかな希望を頼りにページをめくり、めくって、ラスト1行を読み終えて……。

うーむ、最後まで読む必要があったのかどうか。