[感想]冬のオペラ/北村薫

121002

北村薫の作品は、トリックの妙というよりも、もっと地味な部分。物語の中にひっそりと紛れ込んでいる人々の存在や、ほんの何げない場面の心に染みるような描写にこそ真価を発揮しています。純文学とエンターテイメントがいい具合に混ざり合っていて、物語によりいっそうの深みを増しています。

で、この作品なんですが。
北村薫の作品としては、やや面白味に欠けているというのが正直なところです。最初の短編2編はあっさりと終わってしまいますし、最後の表題にもなっている中編は、トリックもどうかな?というところですし、加害者の心理の揺れも、あまり上手く描けていないように思いました。

また、作品中に登場する探偵コンビですが、名探偵である巫弓彦の存在感が非常に薄く、とって付けたように事件を解決するあたり、ちょっと拍子抜けの感がなきにしもあらず……。

なんて、けなしてしまいましたが、実はこの作品、同じ作者による「円紫シリーズ」と設定が似すぎているんですね。こちらも中年の落語家円紫師匠(探偵役)と女子大生の<わたし>というコンビで、事件が起こるたびに、円紫師匠か難問題をさらりと解決する。で、いいんですねぇ、この円紫師匠が。言葉のひとつひとつに含蓄があって、<わたし>が信頼を寄せている理由もよくわかる。

私自身がこちらのシリーズを大好きなものですから、「冬のオペラ」を読むとなんだか肩すかしをくらったような気になってしまうのです。あるいは、読む順番が逆だったら、もっと違った感想を持ったかも知れませんが。

というわけで、北村薫の作品自体は、私は高く評価しています。でもって、もしもまだ一冊も読んだことがないという方がいましたら、ぜひぜひ「空飛ぶ馬」「夜の蝉」「秋の花」の一連の円紫シリーズを読んでみて下さい。心にじんわりと効いてきますよ。

お薦め度:★★★☆☆