[感想]密室に向かって撃て!/東川篤哉

433474270X

密室に向かって撃て!
東川 篤哉 著/光文社文庫
お薦め度:★★★☆☆

烏賊川市警の失態で持ち逃げされた拳銃が、次々と事件を引き起こす。ホームレス射殺事件、そして名門・十乗寺家の屋敷では、娘・さくらの花婿候補の一人が銃弾に倒れたのだ。花婿候補三人の調査を行っていた“名探偵”鵜飼は、弟子の流平とともに、密室殺人の謎に挑む。ふんだんのギャグに織り込まれた周到な伏線。「お笑い本格ミステリー」の最高峰。(文庫裏表紙より)


烏賊川市シリーズ第2弾。相変わらずのユーモアの中にトリックへの伏線があるから要注意!

東川篤哉さんの作品を読み始めてから本書で4冊目となるのですが、本格ミステリとユーモアとの見事な融合という点にいたっては、もはや裏切られる気がしません。随所にちりばめられているギャグは、ぐだぐだになってしまう一歩手前で華麗に踏みとどまっていて、ちょっと頼りなげな探偵鵜飼杜夫を、何やら格好良く見せることにさえ成功しています。

シリーズ1作目に比べると、作品の構成も格段に良くなって安定した感がありますが、トリックそのものや登場人物の魅力に関しては1作目のほうがやや上だったように思います。

特に登場人物。十乗寺家のお嬢様「さくら」がどうにもこうにも鼻についてしまって、最後まで好きになることができませんでした。決して嫌な性格ではなくて、それどころか天然とも言うべき純真無垢なお嬢様なのですが

あら、おじいさま、もうお戻りですの? 今日はなにかお釣れになりましたか

などといういかにもなセリフのオンパレードに、さくらの人格そのものまでをも疑いたくなってしまったのです。

東川さんは、おそらくは、お嬢様であることをセリフの中で表現したかっただけなのでしょうけれど、その他の登場人物たちの会話が生き生きとしているだけに、逆に違和感を覚えてしまったようです。

そんなこんなの「密室に向かって撃て!」でしたが、面白いことには間違いありません。特に

いまどき密室といって、本当に鍵や閂のかかりまくった部屋が出てきたら、手練の読者ならきっと眉に唾をつけるだろう。しかし、それでもやっぱり期待してしまうのが本格好きの性。そんな期待に少しでも応えようと、今日もまた相変わらず犯人たちは殺人現場に鍵をかけまくっているようだ。

なんて言われた日にはもう、東川さんわかってるじゃないの!とまるで運命共同体のような親近感すら覚えてしまいます。

かつて本格ミステリにはまったことのある、すべての人に読んでもらいたい作品です。