[感想]傍聞き/長岡弘樹

4575514535

傍聞き (双葉文庫)
長岡 弘樹 著/双葉文庫
お薦め度:★★★☆☆

患者の搬送を避ける救急隊員の事情が胸に迫る「迷走」。娘の不可解な行動に悩む女性刑事が、我が子の意図に心揺さぶられる「傍聞き」。女性の自宅を鎮火中に、消防士のとった行為が意想外な「899」。元受刑者の揺れる気持ちが切ない「迷い箱」。まったく予想のつかない展開と、人間ドラマが見事に融合した4編。表題作で08年日本推理作家協会賞短編部門受賞!


さらさらっと読めるハートウォーミングな短編集

「迷走」「傍聞き」「899」「迷い箱」の4編がおさめられています。

それぞれの作品の主人公は、救急隊員、刑事、消防士、更正保護施設の施設長と、どこか事件の匂いを感じさせるものばかり。

真っさらな状態で読み始めたものですから、まずはこの職業によってミスリードさせられた部分が多分にありました。どこかで何かの殺人事件が起こりそうな、そんな気配にハラハラしながら読んだのです。

ですが、全作品を通して貫かれているのは、人々の暖かな心。ひとつひとつの作品を読み終えた瞬間に、ああ何事もなくて良かったという安堵感とともに、ほっこりとした気持ちがのこります(やや例外もありますが)。

総じて私の好きなタイプの作品で、悪くはありません。悪くはないのですが、文庫本にかけられた、この帯はどうにかならなかったものかなぁ、と思います。

あまりのあおり文句に、作品そのものが逆に安っぽくみえてしまうのです。

「おすすめ文庫王国」国内ミステリー部門ダントツの第1位。

この20年で最高の傑作!

百万部売っても売り足りない!

もうね、なんだかうんざりです。

売らなければいけないという出版社側の事情もわからないでもないですが、もう少し読者に対して誠実であって欲しいと、心から思います。本が好きなだけになおさら。