[感想]猫除け 古道具屋 皆塵堂/輪渡颯介

4062175789

猫除け 古道具屋 皆塵堂
輪渡 颯介 著/
お薦め度:★★★★☆

故郷の田畑を失った庄三郎は失意のまま江戸に赴き、神社で寝泊まりをしていた。ある晩、女が藁人形に五寸釘を打ち付けているのを見て、恨みから自分も丑の刻参りをしようと考え、道具一式を皆塵堂で買う。だが、その古道具屋に集まるのはあいも変わらず「曰く品」ばかり。呪いは本当に効くのだろうか。(「BOOK」データベースより)


皆塵堂シリーズ第2弾。ほっこり優しい江戸の人情ミステリー。

前作の「古道具屋 皆塵堂」がとても良かったので(→感想はここ)シリーズ第2作目の本作も、わくわくしながら読み始めました。

前作ほどの良さがなかったらちょっと悲しいな、などと思ったりもしたのですが、それはまったくの杞憂。

ほんの数ページを読み進んだところで、すぐに物語世界に入り込んでしまいました。

前作の主人公は太一郎でしたが、今回の主人公は失意のうちに江戸に出てきた庄三郎。ひょんなことから皆塵堂の主人 伊平次と知り合い皆塵堂に居候をすることになるのですが、その緩い感じの居候生活が、何だか素敵なのです。

生きていることに疲れた時、どうしようもなく参ってしまった時、そんな時にはこうした緩い生活が何よりの薬なのだよな、などと納得しつつさらにページを進めると、出て来る出て来る、いわく付きの怪しげな品々。

本当だったらものすごく深刻になりそうな話もさらりと流しつつ、それでも人生の機微や人情を感じさせてくれる優しいストーリー展開。

図書館で本を借りるようになってから、何とはなしに急ぎながら本を読むようになってしまったのですが(貸し出し期限があるもので。)この作品に関しては、ゆるゆるといつまでも読んでいたいような、そんな居心地の良い作品でした。

大作とか、傑作とか、そういうたいそうなお話ではありませんが、十分に読み応えのある暖かい作品です。

お薦め♪