[感想]密室の鍵貸します/東川篤哉

4334740200

密室の鍵貸します
東川 篤哉 著/光文社文庫
お薦め度:★★★☆☆

しがない貧乏学生・戸村流平にとって、その日は厄日そのものだった。彼を手ひどく振った恋人が、背中を刺され、4階から突き落とされて死亡。その夜、一緒だった先輩も、流平が気づかぬ間に、浴室で刺されて殺されていたのだ!かくして、二つの殺人事件の第一容疑者となった流平の運命やいかに?ユーモア本格ミステリの新鋭が放つ、面白過ぎるデビュー作。 (文庫裏表紙より)


東川篤哉のデビュー作にして、烏賊川市シリーズ第1作目。

シリーズ第3作目の「完全犯罪に猫は何匹必要か?」(感想はここ)をすでに読んでいたりするのですが、それに比べるとやはりデビュー作。荒削りな感があるのは否めません。いや、荒削りというよりは、肩に力が入っているという感じでしょうか。

それでも、ユーモアと本格ミステリとの融合という面では、すでに東川さんの力量がいかんなく発揮されています。

流平とその協力者である探偵の鵜飼は、かなり追い詰められた状況であるはずなのに、あまりにもひょうひょうと物語が展開していくものですから、ひょっとしてユーモアミステリということで、トリックもグダグダだったりするのか?

と、途中不安になったりもしましたが、何のことはありません。さすがの東川さん。本格ばりのトリックで見事うならせてくれました。

動機についてはやや弱いかな、とも思いましたが(他の作品でもその傾向あり)だからこそ読後に切なさや苦みが残らないのだと考えると、その動機の弱ささえもこの作品の長所と言い換えることができそうです。