[感想]贖罪の奏鳴曲(ソナタ)/中山七里

12050501
4062173778

贖罪の奏鳴曲
中山 七里 著/講談社
お薦め度:★★★☆☆

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった―。「このミス」大賞受賞作家による新たな傑作誕生。(「BOOK」データベースより)


骨格のしっかりとしたストーリーと主人公の魅力とがあいまった読ませる作品

初めての中山七里さんの作品です。

同じ作者による作品「連続殺人鬼カエル男」のタイトルがあまりにも強烈すぎて、読んでもいないのに、この作者さんはバカミス傾向の作品を書く人なのだと勝手に決めつけていました。

ああ、不覚。

「贖罪の奏鳴曲」を読み始めてすぐに、自分の間違いに気づきました。しっかりとした文章は読んでいて安心感があり、また緩急織り交ぜたストーリー展開も巧みです。

主人公である御子柴礼司の過去や、その過去からつながっているであろう現在の人となりが大変興味深く、ぜひともシリーズ化して欲しいと思ったほど。

1ページ目に遭遇する御子柴の死体遺棄シーンに衝撃を受け、いきなり悪役が登場か!?と思っていると……。

御子柴の意識の変化が、そのまま読み手側の印象の変化にもつながっていくあたりは、想像以上の鮮やかさです。

これにあとちょっとの爽快感が加われば、★4つだったのですが、今回は残念ながら★3.5くらいの感じで。

次回作に熱烈期待(←勝手にシリーズ化)。