[感想]楽園のカンヴァス/原田マハ

4103317515

楽園のカンヴァス
原田 マハ 著/新潮社
お薦め度:★★★★★

ニューヨーク近代美術館の学芸員ティム・ブラウンは、スイスの大邸宅でありえない絵を目にしていた。MoMAが所蔵する、素朴派の巨匠アンリ・ルソーの大作『夢』。その名作とほぼ同じ構図、同じタッチの作が目の前にある。持ち主の大富豪は、真贋を正しく判定した者に作品を譲ると宣言、ヒントとして謎の古書を手渡した。好敵手は日本人研究者の早川織絵。リミットは七日間―。ピカソとルソー。二人の天才画家が生涯抱えた秘密が、いま、明かされる。(「BOOK」データベースより)


アンリ・ルソーへの愛が満ちあふれた作品

謎のコレクター バイラーの邸宅で、アンリ・ルソーの作品とおぼしき作品の真贋を鑑定することとなったMoMAの学芸員(アシスタント・キュレーター)のティム・ブラウンとルソー研究家の早川織江。

しかも真贋鑑定は、相手の指定した古書を1週間かけて読む進めることによってそこから答えを導き出して欲しいという、いささか変わった方法。

ルソーという画家にまったくの予備知識がなかった私は、はたしてこの作品についていけるのだろうかと、最初のうちこそ心配しましたが、いざ読み始めてみればそんなことは全くなく、あっというまに物語世界にのめり込んでしまいました。

ティムと織江との、ある意味敵同士であるふたりが次第に心を通わせて行く様が興味深く、また美術館や絵画にまつわる業界周辺のドロドロとした現実にも好奇心をかきたてられました。

そうして何よりも、バイラーが真贋判定のために使用した古書。

この作品を読んでいる間、なぜかダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチコード」が頭の中に浮かんでしまって、あっちはルーブル美術館、こちらはMoMAが出て来るだけじゃないか、と自分で自分に言い聞かせてみたりもしたのですが、私の頭の中では何かがどこかでつながってしまったようです。

もっとも「ダ・ヴィンチコード」は実際に殺人事件が起きることにくわえて、作品自体もかなりスピード感に富んだものとなっていますが、この「楽園のカンヴァス」は正反対ともいえるべき作品です。

誰ひとり死ぬことなく、とかなければならないミステリー(謎)は目の前の作品が本物であるのかどうかの一点のみ。この謎が物語の中心を貫き通し、その周辺にいくつかの不穏な空気をまぎれこませることによって、静的とも言える作品に緊張感を与えています。

ティムと織江のルソーへのあふれんばかりの愛情。そして、ルソーその人の絵を描くことに対する信念と情熱。

現在を生きる人と過去の人とが物語の中で絡み合い、読み手はティム、織江、そしてルソーの生き様を時間を超えて胸のうちに捉えることができるようになっています。

読んでいるうちに、どんどんどんどん胸がいっぱいになって来て、そうしてたどり着く結末……。

決して派手な物語ではないのですが、作者原田マハさんの美術に関するしっかりとしたバックボーンがあってこそ生まれたであろう素晴らしい小説です。

飛ばし読み厳禁。

ゆっくりと作品世界に心を泳がせながらぜひ読んでみて下さい。

お薦めです。