[感想]邪魅の雫/京極夏彦

4062763710

文庫版 邪魅の雫
京極 夏彦 著/講談社文庫
お薦め度:★★★☆☆

江戸川、大磯で発見された毒殺死体。二つの事件に繋がりはないのか。小松川署に勤務する青木は、独自の調査を始めた。一方、元刑事の益田は、榎木津礼二郎と毒殺事件の被害者との関係を、榎木津の従兄弟・今出川から知らされる。警察の捜査が難航する中、ついにあの男が立ちあがる。百鬼夜行シリーズ第九弾。(文庫裏表紙より)


何と今回は淡い恋愛ストーリー……なのかも。

大好きな京極堂シリーズだというのに、読み終えるのにものすごく時間がかかってしまいました。

なにしろ同じ名前の人が何人も出てくるわ、人は次々と殺されて行くわで、読んでいるうちに頭の中がぐっちゃぐちゃになってしまうのです。なので、そのまま読み続けるのが辛くなり、ちょっと読んでは休んで、ちょっと読んでは休んでの繰りかえし。

作中で山下警部補が、精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまって、終盤かなり疲労困ぱいの様子なのですが、読んでいるこちらも頭の中がまさしく疲労困ぱいに。

読み慣れたシリーズのはずなのに不覚です。

読み慣れたということで言うと、今回はレギュラー陣のキャラクター設定が、いつもとちょっと違っていました。

常に自分に自信を持てない関口さんが、今回はやけに正統派の意見を述べて頼もしかったり、益田さんが事件のど真ん中に立って右往左往したり、京極堂の妖怪うんちくがなかったり。

そして何より、破天荒なあの榎木津さんが心に傷を抱えてた……。

このシリーズは、妖怪の気配をそこかしこに配置しながら、不思議なことなんて何もないと言いつつも、何とはなしにおどろおどろしい雰囲気なのが魅力なのですが、今作に限っていえば、そういった雰囲気はほぼ皆無。

妖怪が出て来ないばかりか、ちょっとしたラブストーリーのようなもの(←あくまで”ようなもの”です)にもなっていて、読後はちょっぴりやるせなさが残ります。

いつもなら京極堂が出張って来て、憑きもの落としをしたあとは、世の中がすっきりと見えるものなのですが、まあ、たまにはこういうのもあり、かな、と。

「読書に上手いも下手もないよ。読む意志を持って読んだなら、読んだ者は必ず感想を持つだろう。その感想の価値は皆等しく尊いものなのだ。書評家だから読むのが巧みだとか、評論家だから読み方が間違っていないとか、そんなことは絶対にない」