[感想]PK/伊坂幸太郎

4062174960

PK
伊坂 幸太郎 著/講談社
お薦め度:★★☆☆☆

連鎖して、三つの世界を変動させる。こだわりとたくらみに満ちた三中篇を貫く、伊坂幸太郎が見ている未来とは―。未来三部作。(「BOOK」データベースより)


長編として読みたかったな。

「PK」「超人」「密使」の中編3作がおさめられた作品集です。すべての物語は、ところどころで緩くつながっていて、連作短編集としても楽しめます……というか、あちらこちらに伏線が張り巡らされているので、何がどこでどんな風につながるのかを考えながら読むのもまた一興かと。

ただ、とりわけて伊坂幸太郎さんファンでもない私としては、「PK」はそれなりに楽しめたものの、残りの2編に関しては今ひとつの感じでした。

試みは面白いし、その世界観も決して嫌いではないのですが、何か心に残らない。不完全燃焼のようなもやもや感も残ってしまいました。

作品自体はあれがこうなって、こっちにつながって、そうなるとここでこんなことになって、登場人物のあの人が彼をキャッチして、なるほどそうなるのか(変な表現でごめんなさい。ネタばれ防止です。)と、一応上手く説明はつくのですが、それでもなんかすっきりとしないのです。

どうせなら、長編小説としてもっとじっくりと腰をすえて読みたかった、そんな感じの作品でした。

臆病は伝染する。そして、勇気も伝染する。