[感想]街の灯/北村薫

4167586045

街の灯
北村 薫 著/文春文庫
お薦め度:★★★★☆

昭和七年、士族出身の上流家庭・花村家にやってきた女性運転手別宮みつ子。令嬢の英子はサッカレーの『虚栄の市』のヒロインにちなみ、彼女をベッキーさんと呼ぶ。新聞に載った変死事件の謎を解く「虚栄の市」、英子の兄を悩ませる暗号の謎「銀座八丁」、映写会上映中の同席者の死を推理する「街の灯」の三篇を収録。 (文庫裏表紙より)

悪意に満ちた人々の登場するミステリや、残酷な表現の多いエンタメ小説に食傷気味の方にお薦め。

いつものように穏やかで優しい北村薫の世界がここにもありました。同じ作者による「円紫師匠と私シリーズ」同様に、謎解きに主眼を置いて読み進めるタイプの作品ではないので、本格ミステリのようなものを好んで読む方には、あるいはやや物足りないかもしれません。

けれども作者の作り出す世界に心を泳がせ、はっとするような美しい表現に酔い、そして時として自分の人生に思いをはせる……、そんな読み方の出来る人ならばこの作品の素晴らしさをきっと理解してもらえるはず。というか、理解してもらいたいと思わず願ってしまいます。

ただ、この作品は「円紫師匠と私シリーズ」にはない独特のほろ苦さがあります。直接的に表現されているわけではないのですが、時代が昭和7年ということもあって、迫り来る戦争の暗い影や、生まれながらに決定付けられている貧富の差というようなものを、どうしても感じてしまうのです。

主人公の英子は、その人の職業や生まれで(表面上は)人を見下すことのない素敵な女性として描かれていますが、その運転手であるベッキーさんとの間には、どうしても超えることのできない身分の差のようなものをそこはかとなく感じます。

身分の差の少なくなった現代に生きる自分としては、そこの部分がどうしても悲しいんですね。優しい物語であるにもかかわらず、読んでいてふっともの悲しくなるような、そんな時がありました。でも、この悲しさ、寂しさがスパイスのひとつとなって、作品に深みを与えていると言い換えることもできそうです。

ちなみに、この作品は「ベッキーさんシリーズ」としてシリーズ化されていて、第3作目の「鷺と雪 」で第141回直木賞を受賞しています。